2018/07/29

日向市のいい夜-おたる/圓(まろ)/ベンガベンガ-

先日、といっても6月末のこと。梅雨空の中、電車で日向市まで呑みに出かけました(感覚で言うと、本町で仕事してるけど門真の美味しいてっちり屋まで呑みに行くような距離感)。
しかし改めて、日の明るいうちから呑みに出かけるというのは「これ以上の贅沢なし!」という感じで至福の時間やなぁ、としみじみ。深夜までカリカリ仕事するなんて全くナンセンスの極み!無能のやること!なんて思いながら日々無能の如く仕事をしています。ふふ。

奈良が生んだ稀代の名MC、トラックメーカーAMIDA(EVISBEATS)の
「いい時間」な気分だYEAH。

高校生がひしめき合う電車に揺られながら約20分で到着。日向市の風は延岡よりも乾いている感じがした。風よ、お出迎えサンキュー。日向市駅前の開放的な空間、好きです。できひんけどSK8でもBMXでもはたまたダンスでもしたくなるストリートな感じ。

約束の時間までまだ少しあったので街をぶらぶら。「一軒挟もうか」ってな感じで吟味し気になる外観のお店へ吸い寄せられるように入店。何がって、店外のメニュー版に「おばんざいセット」って書いてたから。「おばんざい」という言葉の響きにめっぽう弱い私は迷うことなく「ココだ!」ってな感じ。
おばんざい小樽 
宮崎県日向市上町5-1 0982-54-7611
もちろん「るたお」って読みますよね。
イクラ美味、産地はもちろん北海道!
この「おたる」がなかなかの名店。女将さんの威勢のよさも相まってビール1杯ではちょっと足りない感じでした。女将さん、紆余曲折あってこの地に来たみたい。しかし北海道の食材は凄まじい破壊力。見たことない形状のライターもらう。
おばんざいセットで店を後にし、目的地の焼き鳥屋へ向かう。途中、気になる看板やお店などをパシャパシャ撮りながら。日向にもまだまだ名看板は残っている様子。
「SNnCK」ってどう読むのだろう。あ、Aか。
自分では絶対思いつかない店名
渋バーバー
ベルサイユ感120% ※しかし、まだ明るい!
そんなこんなで今日の目的地「鶏屋 圓(まろ)」に到着。既に大盛り上がりの店内。若くてストリート感のある店主がやってる良い感じのお店(記憶薄いがモニターにはまさにスケボーのビデオが流れてたと思う)。通常4人席であろう場所に6人詰め込み新鮮な鶏に舌鼓を打つ。個人的に、最後の晩餐に挙がるほど大好きな生肉「ユッケ」を食し、トロトロの肝串をビールで流し込む。いや、これまた名店だわ。
鶏屋 圓 (まろ) 
宮崎県日向市都町4-1亀ビル1階 0982-57-3519
ユッケで死にたい(意味不明)。
超レアな焼き具合「肝串」。火力の伝道師日向市に現る。
明朗会計に驚きつつお店を後に。そう、我々は延岡まで帰らないといけないのだ。駅前のスペイン料理「ベンガベンガ(VengaVenga)」でワインを呑み22時台の電車で一路延岡へ。ちょっとした旅行気分の日向市呑み、やはり良い夜。
ドアなし、暖簾のみの入り口「ともだち」はまた次回。

0 件のコメント:

コメントを投稿